タイトル画像

  
Q13 メダカノイズの症状と原因

奈良県のMさんよりいただいた質問です。

この1ヶ月くらいまえからなのですが、民放局の放送をみていると画面に色のついた小さな紙ふぶきのようなものがちらつくようになりました。 電波がとぎれている?ような感じです。

一般に「メダカノイズ」といわれるノイズのことですね。
電波がとぎれているのではなく、不要なノイズが侵入しているんですよ。

「この1ヶ月前から」ということですが、お近くで何かの工事が始まったとか、新しい工場ができた  といった事はないでしょうか?

テレビの側にあるコンセントが外れかけていて、1度そういった現象になったことはあったのですが、今回はどこを調べてみてもコンセントの異常もなく、また、家にある4台のテレビのうちの2台がこういった現象になっています。

このタイプのノイズは、確かに接触不良でも起こります。
AC電源もそうですし、または同軸ケーブルの接触不良によっても起こることがあるんです。
ただ、「4台のうちの2台のテレビ」という事ですので、テレビのメーカーや製造年度も関係してきそうですね。

受信機は、その製品毎に感度設定も違いますし、「S/N比」と呼ばれるノイズと電波の侵入比率も違っています。
また、「シールド」という不要電波の遮断の役目をする取り巻きも製品によっては区々です。
比較的新しいテレビでは、コストダウンの対策でこれらが甘くなっているものも
あるようですので、一応ご参考まで。。。

「S/N比」・・・シグナル(電波)とノイズの比率のことです。
dbという単位で表示され、この比率が高いほどノイズに強い高性能なチューナーということになります。

「シールド」・・・アルミ板などで電波が入らないようにしたしくみのことです。
金属は電波を反射しますから、シールドがしっかりしていれば不要な電波は入りにくくなり、S/N比が上がります。

これはどこからかの電波障害なのでしょうか?

メダカノイズは、バイクやクルマのエンジンから回り込んでくることも多いですね。近くに原付バイクが通ると、顕著に現れたりします。
要は、モーターやエンジンなどから発生するノイズが、このタイプの原因になることが多いようです。

あとは、電波方向(アンテナの向いている方向)や近隣に工場などがあれば、それらのメカニカルノイズが妨害電波になってしまっている場合もあります。
何らかの工事や、エアコンなどもノイズの一因ですね。


知識がないもので、どうしていいのかわからずこのページを見つけ質問させていただけいました。解消方法とうがあれば、教えていただければ幸いです。

電波障害の解決となると結構難しいのですが、この場合ですと
下記のようなことが思い付きます。

・配線の接触不良などをチェックしてみる
・ノイズを発する可能性のある場所にアンテナ・ケーブルなどを近づけない
・フィーダー線をお使いでしたら、同軸ケーブルに交換する
・アンテナの設置場所を変えてみたりして、地上高を今よりも高くしてみる

詳しい状態が把握できないため、現状では、このくらいでしょうか。


<<< >>>

Copyright (C) 1998-2000 Kazuyoshi Koyama