タイトル画像

  
アンテナ線(給電線)の種類
アンテナ線は、「同軸ケーブル」と呼ばれる丸い電線と、「フィーダー」と呼ばれる比較的平らな電線の2種類が一般的によく使われていますが、よりいい状態でアンテナからの電波を引き回すには、5CFVや5CFB等の太い同軸ケーブルのご使用をお勧めします。

ページ内リンク
| 「5C−2V」とは、どういう意味か? | 同軸ケーブル | フィーダー |


3Cよりは4Cの方が、又、2VよりはFVの方が性能が高く(損失が少なく)、アンテナで受信した電波をよりいい状態で配線できます。
簡単に書くと、電線の太さでは「
C<C<C」、形式では「FB<FV<2V」の順に損失が大きい同軸ケーブルということです。

同軸ケーブルの「5C−2V」とは、どういう意味か?
電線の太さの単位と思って下さい。実際には芯線の回りの絶縁体の太さを表している数字なのですが、アンテナ線そのものの太さもそれに応じて太くなりますから、そう覚えておいて間違いではありません。テレビ用では、「3」か「5」が一般的ですが、数字が大きくなればなるほど損失の少ない太い電線であることを意味します。
特性(インピーダンス)が75Ωであることを表しています。テレビ用に使われるもののほとんどが75Ωの同軸ケーブルを使っていますが、無線等では「D」という記号の50Ωの電線を使います。
芯線と編組の絶縁材にポリエチレンを使っているということを表しています。ここに「F」が入れば、発泡ポリエチレンを絶縁に使っているという意味になります。
外部導体(編線)が一重の編組で、外被がビニールであることを表します。Bの場合には、編組の内側にアルミテープが巻いてある電線ということになります。
従って、「5C2V」というアンテナ線は、電波を伝達する上で損失が少なく、テレビ用の75Ωのインピーダンスをもった、芯線と一重編組の絶縁材にポリエチレンを使ってある、外被がビニールでできたアンテナ線・・・ということになりますね。

同軸ケーブル
アンテナを建てたり、室内を引き回すのには通常「同軸ケーブル」と呼ばれるアンテナ線を使います。この電線は、芯線の回りを編組がガードしているため外部からノイズが侵入しにくく、アンテナから送られてくる電波をテレビまで比較的きれいに運んでくれるという優れた特徴があります。
テレビやラジオの受信に使われる同軸ケーブルは、大体この3種類の中のどれかです。
あとは、「5C」にするか「3C」にするかという選択だけです。一般には「5CFB」が一番いいとされています。

2V型のアンテナ線の特徴

2V型のアンテナ線
長 所 曲げに強く、価格が安いこと。
短 所 芯線が細く、電波の減衰量が大きいので、電波の弱い地域での使用や、長さのあるの取り回しには向かない。

FV型のアンテナ線の特徴

FV型のアンテナ線
長 所 3CFV(細い方)でも5C2Vに負けない損失の少ない同軸ケーブルです。
30メートル程度の取り回しであれば、一般的には5CFVで充分です。
室内での取り回しであれば、3CFVでも充分対応できます。
短 所 VHFやUHFの電波の受信であればこの電線でもいいのですが、BSなどの高い周波数の電波を受信するときにはあまり適していません。
ただ、ごく短い距離での使用であればあまり気にする必要はないでしょう。

FB型のアンテナ線の特徴

FB型のアンテナ線
長 所 テレビ放送であれば、どの周波数帯の電波でもこのタイプのケーブルならば、ほとんどの場合安心して使用することができます。
短 所 価格が高いこと。他のタイプのケーブルに比べて、若干取り回しがし難いかもしれません。しかし、このタイプの電線でも、極端に電波が弱い場合や、ある程度以上の長距離の取り回しにはどうにも出来ません。この場合には、工事業者が使うような太い電線をお使いになるか、ブースターの利用をお勧めします。

フィーダー
最近この種類の電線は極端に使われなくなっているようです。室内アンテナなどの簡易型のアンテナに使われる程度になってしまいました。

VHF用フィーダーの特徴

VHF用300Ωリボンフィーダー
長 所 同軸ケーブルに比べて、電線の加工が簡単で価格も安価であること。
晴れていれば電波のロスが少ない。
短 所 アンテナ線としての耐久性に欠けるので、屋外での使用はお勧めできない。また、ノイズ、雨、塩害などに弱く、バイクが近くを通ったり、雨かかっただけでもテレビ画面に影響が出やすい。
しかも、金属の物に近づけると電波が逃げてしまう特性を持っていることもあり、屋外で長く配線することにはまったく向かない。

UHF用フィーダーの特徴

UHF用200Ωメガネフィーダー
長 所 内部の絶縁に発泡ポリエチレンを使用しているので、UHF帯の電波の受信に比較的向いている。が、同軸ケーブルの普及で魅力薄となった。
短 所 外側がポリエチレンで覆われているため電線自体が固く、配線に困難。
また、VHFフィーダーと同じく、外部雑音や金属物に弱いので、今ではあまりお勧めできるアンテナ線ではなくなってしまった。


Copyright (C) 1998-1999 Kazuyoshi Koyama