タイトル画像

  
電波の特性
私達の回りに飛び交っている電波はその周波数からさまざまに区分されています。例えばテレビはVHFやUHFといった呼び方をしていますが、周波数帯の呼び方・使われかたは国際的な取り決めによって運用されています。

周波数の使われかた
300KHz〜3MHz
MF(中波)
3MHz〜30MHz
HF(短波)
30MHz〜300MHz
VHF(超短波)
300MHz〜3GHz
UHF(極超短波)
3GHz〜30GHz
SHF(センチ波)
AM放送 国際放送
公的通信
FM放送
VHFテレビ放送
UHFテレビ放送 衛星放送
気象レーダー

HFやUHFなどの呼び方について

「VHF」や「UHF」は聞き慣れている事と思いますが、それ以外の「MF」や「HF」などの呼び名はあまり耳にする機会がないですよね?でも、ひとつ分かってしまえば非常に簡単な組み合わせの略号であることが分かります。
周波数帯域名 略号の原語 電波の特徴と、使われかた
M F
(中波)
MIDDLE FREQUENCY 上空にある電離層と呼ばれる大気層にぶつかって反射し、世界中をかけめぐるのがこの帯域の特徴です。ラジオ放送に使われています。
H F
(短波)
HIGH FREQUENCY MFとVHFの両方の特性を併せ持っています。主に、国際放送や公的通信に使われています。
VHF
(超短波)
VERY HIGH FREQUENCY 電離層に反射しにくく、地上を伝わって中・長距離の通信に優れている帯域です。FM放送やテレビ放送などに使われています。
UHF
(極超短波)
ULTRA HIGH FREQUENCY VHFほど長距離通信は望めず、SHFほど直進性に優れていませんが、その伝搬性からローカル放送などの限られた地域での放送に向いています。
SHF
(センチ波)
SUPER HIGH FREQUENCY 光の伝わりかたにもっとも近く、建物などの障害物にぶつかっても反射するより、減衰するほうが多い。また、この帯域ではノイズを拾いにくく、クリアな受信が出来るためレーダーなどにも使われます。。従って、極力障害物にぶつからないように、衛星を使って空から電波を降らせるような使い方をしているのが、BSやCSなどの衛星放送です。

電離層とは・・・

上空にある大気層。周波数の低い電波は反射し、周波数が高くなるにつれて反射しにくくなっていく。アマチュア無線などで海外と交信出来るのも、この電離層があるからです。


Copyright (C) 1998-1999 Kazuyoshi Koyama