タイトル画像

  
アンテナパーツの役割(分配器・分岐器)
分配器・分岐器は、1組のアンテナで複数のテレビを見たい場合に使用する機器です。これらの機器も、BSやCS放送受信対応機器とそうでない機器に大別されますので、BSやCS帯の電波を分配・分岐したい場合には、それらに対応した製品を使用しなければなりません。
一般に、CS受信用の機器を使用すれば、VHF・UHF・BSの電波も扱うことができます。

分配器
分配器はその名の通り、1組のアンテナで2台以上のテレビを見たい場合に、電波を分けてくれる機器のことです。屋根に取付けて外で分配するタイプのものと、室内で分配するタイプの2通りが市販されていますが、水が入らないようになっているかどうかの違い以外はまったく同じ機能を持っています。
VHF<UHF<BS<CSと、
周波数が高くなるにつれて分配器での損失が多くなる傾向にありますし、分配する数を増やせば増やすほどテレビ1台当りに割り当てられる電波の量が少なくなってしまいます。
従って、分配は必要最小限にした方がより美しい画像や音が楽しめるということですね。
また、電波的には、よりアンテナに近い所で分配した方がいいのですが、普通に受信できている地域では、それほど気にする必要はないようです。
2分配器の使用例
左の図は、アンテナ1組に2分配器を使って2台のテレビを受信している例ですが、この場合にはUHFとVHFだけですので普通の分配器で大丈夫です。
ただ、BSやCSの電波を分配したい時はそれらに対応している機器を使用しなければなりません。

分岐器
分配器は並列に繋ぎ、電波を均等に分けるのに対して、「分岐器」は、メイン方向には減衰が少ないように、サブ方向には電波を小分けする方法で繋がれます。
一般の家庭ではあまり使われることはないようですが、マンションなどの共同住宅では「共聴機器」としてよく使われています。利得の高いアンテナを使って、更に共聴用ブースターで電波を強くしてから各部屋に電波を小分けしていきます。
BSアンテナが設備されているマンションなどで、各部屋からBSアンテナに電気を送らなくても映るのは、このためです。
分岐器の使用例
左図の分岐の例では、アンテナから一番下のテレビまでが直列に繋がれていて、他の2台のテレビには途中から電波が小分けされているのが分かります。
この「分岐器」の1つの例としては、各部屋に付いている「テレビコンセント」がその役目を果たしています。テレビコンセントに差し込む部分は小分けされた電波を取込む所で、他の方向に行っているアンテナ線は直列に繋がれています。(下図参照)
このような事から、分岐器は「直列ユニット」などと呼ばれることがあります。
 
直列ユニットの例


Copyright (C) 1998-1999 Kazuyoshi Koyama