タイトル画像

  
アンテナ接詮(プラグ)
アンテナから配線された同軸ケーブルをテレビやビデオに接続するには、アンテナ端子の形状によりいくつかの方法があります。
古いテレビでは同軸ケーブルの被膜を剥がして直に取り付ける方法をとっている製品が多かったのですが、最近ではほとんどのテレビやビデオで「F型プラグ」と呼ばれるパーツを使うようになってきました。
従って、ここでは「F型プラグ」の種類や特徴などを説明しようと思います。
※プラグとは、「コネクター」、「接詮」などを総称した呼び方です。

プラグ(コネクター、接詮)の種類
アンテナプラグには、M型、N型、BNC型、F型など、色んな形状をしたプラグが売られていますが、テレビの配線にはF型のプラグを使います。
他の形式のものは、主に無線設備に使われていることが多いようです。
F型接詮
F型接詮
全て金属で出来ており、ネジのようにしてテレビのアンテナ端子に取り付けます。
ケーブルの加工は少し面倒かも知れませんが、F型プラグの中でも一番安く売られていて、ロスが少ないプラグ(コネクター)です。
このタイプのプラグをお使いになる場合には、取り付ける同軸ケーブルによってプラグのサイズが異なることに注意が必要です。
3Cのケーブルには3C用の接詮を…という具合に、各ケーブル用の製品を購入しないと取り付けることが出来ないのもこのプラグの特徴です。
また、BS受信にお使いになる場合には、金メッキ等を施した低損失の専用プラグが売られていますので、専用のプラグをお使いになることをお勧めします。

F型プッシュプラグ
F型プッシュプラグ
本体は主に樹脂で出来ており、テレビのアンテナ端子に押し込んで取り付けます。
接詮と違ってケーブル加工も簡単ですが、接詮に比べると多少ロスが出ます。しかし、実用上は問題なく安心して使用できる製品が多く出回っているようです。
一般家庭での用途には、このプラグが一番使われているのではないでしょうか。
最近では、テレビやビデオなどに同梱されている場合が多いですね。

整合器内臓F型プッシュプラグ
F型プッシュプラグ
普通のF型プッシュプラグに、フィーダー線でも使えるように整合器を内臓したプラグです。
室内アンテナなどの、フィーダー線を使ったアンテナからテレビに繋ぎたい場合には、とても便利なプラグなのですが、内臓された整合回路によって、構造上電気的にショートしているため、電流通過機器には一切使用できませんので注意が必要です。
BSチューナーなど、電流をアンテナに送る必要がある機器にこのタイプのプラグを利用すると、チューナーなどを壊してしまうことがありますので注意が必要です。
あくまでも、フィーダー線を使うことに主眼を置いているプラグだと考えて、一般の用途には「普通のプッシュプラグ」を使った方がいいでしょう。


Copyright (C) 1998-1999 Kazuyoshi Koyama